分かってはいるけど良く知らない老後資金について

老後資金の主な入手先と個人型確定拠出年金

現在退職が近づいている人も、バリバリ中堅社員として働いている人も気になるのが老後の資金です。現在、老後の資金といえば、公的年金の心配点が良く報道されています。もちろん、日本の公的年金は積み立て方式ではないため、現役世代の負担が必要な点が心配だといえます。しかしながら、公的年金は老後生活の1、2階部分として老齢基礎年金、老齢厚生年金が当てられるなど、計算できる老後の収入源になります。一方、自営業者では1階部分の老齢基礎年金しか公的年金では約束されません。そのため、国民年金基金や個人型確定拠出年金(イデコ)にある程度の資金をかけておくことが、賢い選択だといえます。特にイデコは、自営業者は最大月6万8000円も掛け金をかけることができるため、有効な将来への投資になります。

個人型確定拠出年金(イデコ)の利点と注意点

個人型確定拠出年金(イデコ)には、60歳以上になると年金もしくは一時金で掛け金の運用成果を受け取れる特徴があります。その運用を任せることは、投資信託などの信託契約で行われ、資産はプロの手によって守られます。そのため、他の金融商品よりも安全であり、掛け金が多ければ自営業者だった人でもサラリーマン出身の年金生活者と比べてもひけを取らない生活水準が約束されます。また、イデコは税金対策でも優秀であり、掛け金としてかけている段階でも、受け取る段階でも税金の控除の対象になります。一方で、イデコには注意すべき点もあり、それは信託の利用料が少しかかることです。そのため、イデコの利用者は運用益よりも利用料がかかるリスクも少なからずあることを理解しておくと良いでしょう。